仏壇とは?

仏壇とは?

死者をほうむる事、弔いの意味。。。

生物である限り、生あるものは必ず滅びる、ということは頭では判っていながらも、実際には他者の死を通じて間接的にしか体験できません。

皆さんは他者の死に直面して、いつかは死が、わが身に襲ってくることを知るけども、死がいつどのような形で訪れてくるのかは当然にわかりません。

死というものは直接追体験できないからこそ、他者の死を通して、自身の死を見つめることになります。

死を考え、問うことは、つまりそのまま自己の生を考えることになります。

人の死により人々が集まり営まれる葬儀は、集まった人々に生の大切さ、また、生あるものは必ず死ぬべき存在であることを教えてくれます。


最近では、価値観の多様化、核家族化の進行、地域社会の崩壊などに伴い、お葬式が、地域共同体主体→家族主体に変わりつつあります。

「お葬式は、自分がこの世と別れるために行われる儀式」、「自分らしく生き、自分らしく死のう」という新しい考え方が、ここ数年、広まっています。

それと同時に「個々の弔いは自由である」とする主張し、従来のお葬式の様式を廃止し、自分らしい新しい様式をもとめる傾向が顕著となってきました。

不動産投資は必ず必要
不動産投資の初心者でも安心の
不動産投資相談センター
不労所得を目標に、資産1億円を目指します。

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。