広がりをみせる葬儀

広がりをみせる葬儀

無宗教での葬儀とは、仏教式でいう読経やキリスト教でいう讃美歌のかわりに、クラシックの曲や個人の好きな曲を流して個人を見送る形式の葬儀のことをいいます。

生での演奏を専門の楽団に依頼するものととテープで曲を流すもの、無宗教での葬儀は主にその二つにわかれます。他の形式の葬儀と違って、自由に展開できるのが無宗教での葬儀の特徴です。

自由な葬儀が望まれつつある昨今、無宗教での葬儀のニーズはどんどんと広がりを見せています。儀礼に囚われない無宗教での葬儀は自由なだけに、個人の家族が全てプログラムを監理しなければならず、結果負担が大きくなってしまうということがデメリットとして上げられています。

無宗教で葬儀を望む場合はあらかじめ流れを考えておき、家族と話し合ってどのように行っていくか決めておくようにすると、スムーズに進めることができるでしょう。


葬儀参列の際には、定刻より少し早めに着くようにするのがマナーです。
故人の希望での無宗教での葬儀

もしも故人の遺言で無宗教での葬儀ということになった場合にいったいどうしていいか分からない場合があるかと思います。最近は無宗教での葬儀を専門とした業者もあるほど無宗教での葬儀を希望するというケースが多いのです。

特に故人が希望をしていた場合はそれを実行してあげなくてはならないと思います。残された家族でやるのが無理な場合はやはり業者さんの力が必要になるのです。

音楽に関わった人の場合は多くが無宗教葬を希望するようです。無宗教での葬儀で自分が愛した音楽を流して参列者に聞いてもらうことでその人の生き様が見えるのではないかと思います。

形や宗派にとらわれないお葬式が最近は多くなっています。故人が希望する形で偲びたいということで様々な形での葬儀が執り行われているのです。

葬儀とは故人への哀悼の意を表す儀式であり、葬儀・告別式は故人の冥福を祈り別れを告げる儀式です。
参列者は定刻より少し早めに着くように、遅れての参加はマナー違反です。