住宅ローンの返済に困ったら任意売却でお得に精算しましょう。

住宅ローンの返済に困ったら任意売却でお得に精算しましょう。

住宅ローンって借りる時は、楽に返せると思っていても様々な状況の変化によって返済が難しくなってしまうことが多々あります。 返済が出来なくなった時にすぐ対処をすればいいのですが、放置をしてしまうと大変なことになりかねません。自宅や勤務先に督促が届き、それでも対応を放置すると自宅を競売にかけられることになります。そしていきなり身一つで放り出されるのです。 しかも競売の場合はかなりの低額での売却になりますので、多額のローン残高が残ってしまいます。そうならない為には任意売却という手段を取ることが大切です。任意売却とは、競売に至る前に、銀行と相談の上、自分の希望する条件で住宅を売却することです。 任意売却の場合は競売と違い、その時の住宅の価値に見合った価格で売却が出来ますので、ローン残高がほぼなくなるというケースもあり得ます。どうせ家を手放さなければならないのであれば任意売却でお得に売却するに越したことはありません。 任意売却がうまくいけば引越し費用が捻出できることもあります。

任意売却で失敗しないために知っておきたいこと

任意売却は住宅ローンの滞納を重ね、返済を迫られてしまったときの、最後に残った切り札です。 何も行動を起こさずにいれば、自然と競売へと話が進んでしまうので、それが嫌だという時は、自分から行動に出ましょう。 任意売却をする上で最大の難関は、債権者にその許可を得ることだといえるでしょう。任意売却は債権者にもメリットの多い手段ですが、それでも必ず許しが得られるとは限りません。 銀行など一部の金融機関では、任意売却はあまり歓迎されない手段なのです。 そのほか保証人などがいた場合も、その人にちゃんと許可を得てからではないと話を進ませることができません。 それと同時進行で行うのが、任意売却の手続きを行ってくれる業者の選定です。ここで間違った判断をしてしまうと、売却が上手くいかなかったり、時間切れで競売に持ち込まれてしまうので気をつけましょう。 宣伝が派手なところやはっきりとした業績、料金プランを提示していない業者は注意が必要です。 任意売却は成功すれば、新しい生活に向けてとてもメリットの大きい手段です。 ですがそれだけに、いろいろと面倒な手続きを重ねることとなるでしょう。これが最後の苦労と割り切って、けして手を抜かずに真摯に向き合うことが大切なのです。



【東京都23区】