任意売却の契約書に課税

任意売却の契約書に課税

世の中には様々な税金がありますが、任意売却をした場合にもいろいろ税金は課されることになります。 不動産の任意売却をするということは、その前にその不動産を購入したということなので、購入の際に印紙税という税金は耳にしたことがあるのではないかと思います。この印紙税は、任意売却をする場合にも課税されることになります。 印紙税は少し変わった税金で、契約書や領収書などの課税文書を作成した際に課税されることになる税金です。課税されるのは作成者です。したがって、不動産を購入した際に作成した売買契約書などに課税されています。任意売却する際にも売買契約書などを作成する必要があるため、印紙税を支払う必要があります。 消費税は事業者でなければ納付する必要がありませんでしたが、印紙税の場合にはそうは行きません。納付税額は契約金額によって変わってきます。不動産の任意売却の契約金額となるとかなり大きな金額になります。 売却金額が上がるのは嬉しいことですが、同時に印紙税も高くなることを意識しておきましょう。

任意売却業者の選び方

任意売却を行う場合には、債権者と債務者に加え仲介を行う任意売却業者が入ることになります。 任意売却業者は、当事者である債権者と債務者が選ぶことになりますが、この任意売却業者選びはその後の過程や結果に大きく影響を与えるケースも少なくないため慎重に選ぶ必要があります。 そこで、以下では任意売却業者を選ぶ際のポイントを押さえていきます。

1.専門業者を選ぶ 任意売却業者を選ぶ際の大前提として挙げられるのは、任意売却を専門に扱う業者を選ぶという点です。一言に不動産業者と言っても、それぞれの業者には得意分野があり、一般的な不動産業者は必ずしも任意売却に詳しいとは限りません。そのため、必ず任意売却専門の業者を選ぶ必要があるのです。

2.実績を重視する 任意売却は、特殊な知識や経験が必要となる手続きであるため、実績のある業者に依頼すると安心して任せることができます。

3.債権者に進められた業者には注意 債権者は、少しでも自分たちが有利に話を進められることを望んでいる場合がほとんどです。そのため、債権者が一方的に進めてきた業者は債権者の利益を重視している可能性があり注意が必要です。 ですから、必ず業者を決める際には、お互いに意見を出し合い決定するようにしましょう。



神奈川県(横浜市)】
神奈川県(横浜市)】