送る言葉の時の音楽葬の選曲

送る言葉の時の音楽葬の選曲

葬儀では、送る言葉というものがあります。 故人の方に語りかけるように、お話をするわけです。 いままでの感謝などをつづったりします。 葬儀の中で特に感動的なものという判断もできるでしょう。 その送る言葉なのですが、音楽葬でも行われます。 音楽葬で送る言葉を行う時ですが、音楽をかけることになるわけです。 その音楽にのせて、送る言葉を話します。 音楽でも感動を誘うことができるのが音楽葬の良いところになります。 音楽葬での送る言葉の時ですが、選曲を考える必要性があります。 誤った選曲をしないためにも、オーソドックスなものを探しておくことも重要です。 例えば、埴生の宿やふるさとといった曲がよいと言われていますので、音楽葬の時に選んでみても良いかもしれません。

大きな会場での音楽葬がいいです。。

以前、大きな会場で、音楽葬に参列したことがあります。
生の演奏で、静かで穏やかな音楽葬でした。
演奏会も行われるくらいの大きな会場だったので、クラシックの音楽が会場に響いて、とても印象的でした。
亡くなった本人の意向も合ったようでしたが、生の音楽はとても心に響いて、まるで映画の中の世界のようで、悲しみも倍になり、とても泣けました。

葬儀の際にやむを得ない事情で途中で帰る際には、出来るだけ末席に座るようにしましょう。
音楽葬にも色々あるようですが、私が参列した音楽葬の場合は、葬儀の間、ずっと静かなクラシックの音楽が生演奏されていました。
会場が生演奏に合った大きな会場だったので、音も程よくキレイに響いて、すごくすばらしかったです。
亡くなった本人のためにもとても良かったとおもいますし、参列した側も、とても印象に残るので、音楽葬はすばらしいと思います。

焼香の後元の席に戻る事無く、列席者に違和感を与えること無く自然な流れで退席できるので、末席への着席をおすすめします。又は焼香が終わったらそのまま式場から出る事も可能です。