葬儀のはじまり

葬儀のはじまり

広義による葬儀とは、人の死を追悼するために行われる儀式ですが、発祥が確認されてから現在にいたるまで、様々な時代背景を元に宗教・慣習と結びついて発展変化を遂げてきました。その結果、現在では様々な様式の葬儀が行われており、死後の世界観において死者がどうなるかについても宗教ごとに異なる思想を持っています。
ここからは葬儀がいつごろ行われてきたのか、その発生について探っていきましょう。
身内が亡くなったあとに余裕を持って葬儀社を選ぶことは難しいもの。理想の葬式の形式、予算、実績や口コミなどから希望に沿った葬儀社を調べておくといいでしょう。
現在確認されている遺跡では、世界初の葬儀とされているのは、イラク北部にあるシャニダール洞窟という場所です。およそ10万年くらい前に住んでいたネアンデルタール人の骨が発見されており、骨の周辺からは同洞窟内には存在確認がなされていない花粉が検出され、現代でいう副葬品として花をおいたのではないかという見解が唱えられています。
この見解より、これが葬儀の原初的な形態でないかとされているのです。その他、ネアンデルタール人は遺体を埋葬する習慣を持っていたのではないかということに関する見解もあり、ネアンデルタール人が芸術文化を保持してまたその活動を行える水準を有していたこと、調理痕のある化石が発見されていることから、儀礼的に肉を殺ぐことが埋葬方法として行われていた可能性も指摘されています。 亡くなってからの葬儀社選びは余裕がないばかりか、急かされて決めなくてはならない事が多いので、希望の葬儀を執り行うには事前に葬儀社を調べて、しっかり見積もりを貰い、事前に相談しておくといいでしょう