日本の葬儀史

日本の葬儀史

現在の日本における葬儀の形式は仏式が中心でその後火葬というのがが主流となっていますが、歴史的にはどのように変化を辿ってきたのでしょうか。 縄文時代の遺跡にはもう埋葬の形跡があり、腕を曲げて体を負った状態で葬られた屈葬が発見されています。死者の魂を封じ込めたのだとする見解が強く、よく紹介されています。さらに経過し、弥生時代に入ると、ここでも土葬等が主流ですが、穴を掘ったり、石を置いたりする所謂、墓が登場してきます。こう見ると現在の様式の雰囲気に近付いているといえそうです。このような石を置くタイプの墓が時の権力者によって巨大化されたものが歴史で学習する古墳なのですね。壮大なスケールの話になってきますね。古墳には様々なものがあり、教科書でも紹介されるように前方後円墳であり、仁徳天皇陵として知られる大山古墳に代表される権力者の古墳などがあります。

あなたと故人を繋ぐ架け橋となる葬儀社は、スタッフのおもてなし、気配りで選びましょう。
これらの時代の段階では、一般庶民が墓に埋葬されるという習慣はまだあまりなく、墓は身分の高い特権階級の特権であったと考えられます。

8世紀に書かれた書物である古事記の記載には、死者を安置するために作る喪屋という建築物が登場します。このあたりの時代には死体は埋葬せずに、大気に触れる状態で安置し自然に白骨化させていたとされています。

葬儀担当者は葬儀のプランの説明だけではなく、故人の人柄や遺族の要望や希望を聞きながら打ち合わせを行います。
葬儀当日も同じように遺族だけではなく参列者に対しても気配りを行える葬儀担当者に葬儀を依頼しましょう。