日本の火葬の発祥

日本の火葬の発祥

前述ようになかなか日本の歴史の中では火葬は登場しません。

結論から話をすると、700年に道昭という僧侶が日本で初めて火葬にされたとする見解がありますが、実際はそれ以前にも一部では火葬が行われていたようです。しかし、当時火葬という形式は6世紀半ば頃に伝来した仏教による様式でありまだまだ一般に浸透するようなことはなかったようです。

ようやく火葬が定着し始めころ、時は平安時代にはいっていました。天皇をはじめとする特権階級が政治に仏教を積極的に取り入れるようになり、火葬を推進したとされています。

その後、一般民衆には仏教の信仰と友に付随して火葬の認識も定着が見られていくようになります。

大切な方とのお別れは、あなたと故人を繋ぐおもてなしや気配りを大切にできる信頼できる葬儀社に依頼しましょう。
鎌倉時代や室町時代にまで時が進むと、すでに日本において一般化された仏教の葬儀方法である火葬は広く受け入れられるようになり、このあたりから遺骨を壺に納め、納骨をするということも行われるようになってきました。

その後、政治は江戸時代の初期に至るまでに、寺請制度を確立します。葬祭の実施を寺が行うようになっていった関係から、完全に火葬が一般化してきました。また、都市部では物理的に人口が増えてきたこともあり、火葬の利便性が高まっていたともいえそうです。

ただ、江戸時代を含むここまでの日本の歴史の中では、文化に関して地域差が非常に大きく、火葬にされないケースも相当数あったといわれています。

さらに、明治時代に入ると、神道が国家的な庇護を受けるようになります。この時は仏教の方法である火葬が禁止されたこともありました。しかし、墓地の用地の限界や公衆衛生の観点より、火葬を禁じることは得策とはいえず、火葬を禁止期間はみじかかったようです。それ以降、現代にいたるまで火葬は日本にしっかりと根付き、9割以上の方が火葬に付されているという状況になっています。

葬儀社には特徴があります。
価格重視の葬儀社からオプションを入れてセットプランを出している葬儀社など様々です。見積りだけでは解りませんので、電話や直接会って話をして決めましょう。