アフリカの葬儀

アフリカの葬儀

アフリカは、世界のメジャーな宗教の影響を受けてこなかったこと為、独自の宗教文化が根付いている地域なので、当然、葬儀に関してもある種独特なものが点在してみられます。

ご存知のとおりアフリカ大陸といってもかなり広いので地域ごとの違いも多々あり、一般化というのは難しいですが、あえて特徴を挙げるとすると、アフリカにおける葬儀は死者を恐れるという宗教観に立脚しているということが共通して感じられます。そのため、死者の魂を鎮めなくてはとこうなり、葬儀も同様にこの概念に基づいていることが多いのではないかと考えられます。

葬儀の挨拶では、病状や死因を尋ねることは失礼ですので気を付けましょう。
魂を鎮める方法としてはとにかく葬儀が盛大に行われることが多いようです。想像が容易かと思います、大きな音で楽器を鳴らし、悲嘆にくれながらも激しく長時間踊り続けるという形式が見られます。これに関連するうおうに、アフリカでは長い行列を作ることに意義を見出し長時間にわたり葬儀を行うということも多いようです。もしかしたら、テレビなどでしょうかいされているかもしれませんがとにかく大人数で賑やかに行うというのがアフリカの一つの大きな特徴であるのでしょう。

よっぽど親しい間柄ならともかく、一参列者であるならば避けたいところです。
親しい間からでも入院をされていなかった場合には突然死の事もありますので、状況で判断すると良いでしょう
また、一部地域では盛大に行うのとはまったく反対に、死者の魂を恐れる故に、死を遠ざけ、誰も死について語らず、埋葬だけをしてしまう形式や遺品を全て外に捨ててしまうなどの方法が挙げられます。このような方法は日本人の感覚とはかけ離れてると思われますがアフリカの一部の部族の葬儀方法として根付いていたようです。