アフリカの驚いた習慣

アフリカの驚いた習慣

色々あるアフリカの葬儀のなかで、驚いた習慣がありました。サッカー大国であるガーナでみることができる豪華な棺についてです。

ガーナでは、葬儀期間が1カ月以上続くことも珍しく無く、そのフィナーレに登場するのが故人を納める棺なのですが、これが文化財の域に達しているのではないかと思われるほど趣向を凝らしたものなのです。

ガーナでは、棺に相当なお金をかけることが常識とされ、希望に応じて多種多様な物を模した棺を作ることができるようで。サメなどの魚やクジラを模したものから、現代的なペットボトル型のものなどユニークな物までが作られています。

葬儀の挨拶では、「忌み言葉」である「重ね重ね、たびたび、またまた、いよいよ」などは使わないよう注意しましょう。
どのような棺を作るかについては、故人の職業が参考にされることが多く、漁師ならば魚を模したものを注文するなどします。

不意に出てしまう言葉です。
葬儀の挨拶は会釈だけでも十分に気持ちが伝わりますので、普段のように話が長くならない事に気を付ける事が大切です。
天寿を全うした場合はお祝いの意味もありますので、状況判断が気を付けましょう
このような豪華な棺を作って弔うことは、アフリカのガーナに住む人々にとって葬儀はただ単純に悲しむだけでなく、この機会に感謝を示し、祝う場であることの表れなのかもしれません。