浄土宗の誕生

浄土宗の誕生

鎌倉時代に入っても、南都六宗、天台宗、真言宗の力は強く、たくさんの僧侶たちが教義の研究や修行に励んでいました。しかし、保元の乱、平治の乱、源平争乱、承久の乱などと次々続く戦乱の世の中で、公家や武士、一般大衆は、世の中の変化に不安を抱えおびえた生活を送る毎日でした。

民衆は仏教に救いを求めましたが、長い修行と厳しい学問を必要とされる仏教には民衆には隔たりを感じてしまいました。そこに、法然の専修念仏を筆頭に生まれたのが鎌倉仏教といわれるものでした。法然の教えは、阿弥陀仏の教えを信じ、南無阿弥陀仏を唱えることで、全ての人々が平等に死後、極楽浄土に生まれることができるというものでした。これは天台宗とは大きく違う点ですね。厳しい修行も学問も必要としないので、公家も武士も庶民もみな、世間一般から受け入れられ圧倒的な支持を受けます。これが浄土宗の始まりでした。

浄土宗は、仏教の教えを学んだ後はただひたすらに仏に帰依することで必ず仏に救われるとする教えでした。南無阿弥陀仏を唱えれば必ず仏様に救われて平和な日々を送ることができ、浄土に生まれることができるという教えは広く広まり、貴族、武士、庶民に関わらずこの導きで救われるようになりました。

葬儀費用は当初に考えた予算より膨らんでしまいがちです。見積書は必ずもらうようにしましょう。
現代の私たちの身近な仏教というものの原点のように私には思えます。このような教えであれば、入りやすく信仰しやすいですね。しかし新しい仏教は、これまでの仏教の教えとは異彩を放つことからさまざまな迫害も受けたといいます。

法然の教えは「どこにいても常に念仏を称えなさい。また、亡くなるときには私の死後、墓を建てないように。念仏を称えるところには必ず私がいるのです」と遺言したそうです。そんな浄土宗も、現在では宗派が分かれていて、浄土宗西山禅林寺派、浄土宗西山深草派、西山浄土宗、浄土宗豊山派、浄土宗西山光明寺派、浄土宗鎮西派などがあります。

それでもお墓にはそう変化はないよで、正面には「南無阿弥陀仏」と唱え言葉が入り、梵字、○○家先祖代々と入ります。裏面には、墓を建立した日付、建立者名が入り、墓誌が置かれます。墓誌には、故人の法名、俗名、亡くなられた年月日寂、それから行年○○歳と記されます。この行年は「享年」と書いても良いのですが、その場合「歳」をつけてはいけないそうです。正面に梵字が入るのは天台宗や真言宗と同じですね。ただしこの場合、大日如来ではなく阿弥陀如来を表すキリークに変わります。

葬儀費用とは日程・式場・規模によって変動してしまう物です。後から慌てずに済むように事前に必ずご希望を葬儀社に伝えて、総額のお見積りを頂くことが大切です。