キリスト教式葬儀の流れ

キリスト教式葬儀の流れ

キリスト教はカトリックとプロテスタントによって、儀式の名称や葬儀の流れも異なります。仏式のお通夜のことを、カトリックでは「通夜の儀」、プロテスタントは「前夜祭」と呼んでいます。

カトリックは聖歌合唱で始まり、

聖書朗読⇒神父説教⇒祈り⇒献花⇒遺族挨拶

というような大まかな流れとなります。一方、プロテスタントでは讃美歌斉唱から始まり、これが間に三度入って式が進みます。 また、キリスト教では神父や牧師が世話役を勤め進行役も兼ねています。葬儀を行う場所は、ほとんどが教会です。座る席順は喪主・ご遺族・ご親族が最前列に座り、他の人たちは席順にはこだわりません。

●カトリック葬のミサと告別式の流れ
1.枕勤め
2.納棺
3.前夜祭・・・聖歌を合唱し、司祭(神父)が聖書の朗読とキリストの教えに基づく説教をします。
4.ミサと告別式

1. 教会関係者による開祭の辞/司祭入場
2. 聖歌合唱
3. 葬儀ミサ・・・何度か聖書を合唱する
4. 赦祷式・・・キリストの死を仰ぎ、復活を讃えて故人の生涯を受け入れてくれるように神に祈ります。
5. 祈祷・神父の追悼説教
6. 聖歌合唱
7. 弔辞・弔電披露
8. 閉祭の辞
9. 告別式献花
10. ご遺族代表者挨拶

前夜祭に先立ち、「枕勤め」「納棺」を行います。聖書朗読・聖歌斉唱をし聖水を遺体に振りかけます。納棺式には、必ず神父に立ち会っていただきます。

悲しみに暮れる「その時」こそ、冷静な葬儀社選びが大切です。故人に想いが届けられるような葬儀社選びましょう。


●プロテスタント葬の葬儀と告別式の流れ
1. 聖餐式
2. 納棺式
3. 前夜祭
4. 葬儀と告別式

1. 開祭の辞
2. 牧師入場
3. 前奏
4. 聖書朗読・黙祷・・・牧師が聖書を朗読し祈祷を捧げ、参列者は黙祷します。
5. 讃美歌斉唱・・・全員で起立して合唱します。
6. 聖書朗読
7. 祈祷
8. 讃美歌斉唱・・・全員で起立して合唱します。
9. 故人経歴・・・牧師が故人の略歴を朗読し、生前の故人の信仰の様子や信仰とは何か、神とは何かなどを語ります。 祈祷
10. 後奏・・・オルガン演奏を黙祷して聞きます。
11. 献花(告別)
12. ご遺族代表者挨拶
13. 牧師による閉式の辞
14. 納棺式には、必ず神父に立ち会っていただきます。プロテスタントの場合、多くは教義上、前夜祭は質素に行います。


葬儀社の規模やスタイル、予算などの要望を事前に担当者に詳しく伝え、イメージ通りの葬儀の実現が可能な業者を選びましょう。
担当者の対応で、その業者の信頼性がはかれるといっても過言ではありません。
ご遺族の気持ちに配慮した誠実な対応をしているか、冷静にチェックしてしましょう