仏式葬儀の流れ

仏式葬儀の流れ

葬儀の流れは宗派によっても多少の違いはありますが、ここでは仏式の葬儀の流れについてご説明しておきます。 仏式の葬儀では、一般焼香の後にひとまず導師が退場し、司会者が葬儀終了の辞を述べます。

また、直ちに告別式に移ると報せ導師が再び入場するというやり方もあります。 ご焼香の際は、ご会葬者が中央に進み出た時には、喪主とご遺族の方は、焼香の前と後にご会葬者に向かって軽く一礼するのが礼儀です。その際、ご会葬者も軽く頭を下げて返礼をした方がいいでしょう。一般のご会葬者も、ご自分にご焼香の順番が回ってきましたら、ご焼香の前に着席している喪主とご遺族に向かって目礼をし、終わりましたらさらに目礼し、そのまま出口に向かい退席します。

一般的なお通夜と仏式葬儀の流れは以下の通りです。

●お通夜の流れ
1.納棺
2.祭壇の設営
3.通夜の打合せ
4.通夜振る舞いの準備
5.通夜開始
6.翌日の葬儀の打合せ

ご遺族の方は、お通夜の開始30分前位になりましたら、弔問客の応対は接待や案内係などの世話役の方にお任せしましょう。 ご僧侶の読経がはじまりましたら、喪主⇒遺族⇒弔問客の順番でご焼香を行います。 読経が終わり、ご僧侶が退場されましたら、喪主の方は弔問客へお礼の挨拶を述べ、通夜振る舞いがある場合にはその旨もご案内をしましょう。

お香典は、落ち着いた色の袱紗や風呂敷に包むと、丁寧です。


●葬儀・告別式の流れ
1.式次第・進行の確認
2.お寺様のお迎え
3.ご会葬者の受付
4.葬儀・告別式の開始
5.喪主挨拶
6.出棺
7.火葬
8.収骨
9.遺骨迎え
10.後飾り祭壇の設営
11.精進落とし
12.初七日法要

尚、告別式の一般的な式次第は以下の通りとなります。式の開始15分位前になりますと、葬儀担当者から式場へ着席のご案内を促されますので、お通夜とほぼ同じ席順で座りましょう。ご僧侶が着席されましたら、司会者より開会を告げる挨拶があり、告別式がスタートします。

1.喪主・遺族の入場、着座
2.導師入場、着座
3.全員合掌
4.司会者開式の辞
5.読経
6.弔辞・弔電披露
7.読経 8.喪主から遺族・近親者の順で焼香
9.一般焼
10.お別れの儀(棺に献花など)
11.葬儀委員長謝辞
12.導師退場
13.出棺


ご祝儀やお香典などの金封を裸のままで扱わず袱紗(ふくさ)に包むことで、日本の伝統を重んじている姿勢やお招きされた行事自体を尊重する意志を表すことができます。
また、ふくさから金封を取り出す所作は、それだけで丁寧な印象と美しさを見る人に与えることが出来ます。